スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンパオの結論

最近、やはり過去の罪の意識からか、人目を気にするようになってしまい、したらばをよく拝見している私です。

見ていると、スキル仕様に応じた対策をやる側とやられる側の両者が、熱心に模索している様子が伺えます。

不思議とこの様な場になると、とても気持ちが良いくらい本音でぶつかっていて、中には「そうだったのか」と私自身も関心してしまう書き込みがあり、読まさせてもらっています。

特に最近印象的なのは、全体のバランスを考えた解決策を提案する方もいれば、与えられた仕様の中で最大限武器として活用するべきなのは当然といった意見の方もいます。

こうなると、なかなか双方のぶつかり合いが止みそうにないですね。

両者の気持ちを考慮すればするほど判断に詰り、今まさに難しい判断を全てのプレイヤー単体が決断していく時代に、RSも踏み込み始めたという事なのでしょうか。

そこで私が一つ残念なのは、仲間同士になると、何故に議論を避け、言いたい事を言わない人が多いのか、ということです。

本音をぶつけ、そこにいずらくなるのを避けたいからでしょう。

どうしたらよいか頭では分かっていても、周りの意見もあって心が追いつかない時があるのかもしれません。

役割を任された職は悩んだり落ち込んだり、心が騒がしいことでしょう。

私にも昔、波風立たせてしまう事が面倒になり、同じような課題を背負った時代がありました。その時に、まるで今のナンパオは感情を隠したピエロのようだと言われたことを鮮明に覚えています。

当時、私自身が自分の意見に煮詰まった結論も自信も無く、自分の考えを前に出すのが怖かったと言えば正解だったと思います。(笑)

ただ、今思うのは個性(考え)を出すという事は誰にとっても、とても大切な財産だという事。

どうにかなる解決策があるなら、それに向かい全体で努力をすればよく、現時点でどうにもならない事は、事前に話し合う事でお互いの条件に見合った解決策も出て来ます。

それでも話し合って解決しない域なのであれば、自己の正当性を主張という形で表して行くしかないでしょう。

時には本音でぶつかる事も、お互いが相手を理解し、解決の道を出すには必要なのかも知れません。

理解する事で色々な形が決まり、それに合わせた備えをある程度、皆がそれなりに見出せる筈です。

私も他人ごとではありません。物理火力が必要ないGVでした。なんて嫌味を言われることが無いよう今後も精進していきたいです。

冷静でいなければいけない、だが冷静を失わせるのが自分なら、自分を律し奮い立たせるのもまた自分。という結論に達した。
スポンサーサイト
プロフィール

ナンパオでGo

Author:ナンパオでGo
橙鯖の各所GVGでお世話になっています。主に対アリーナ戦で一つの歯車として剣士を動かし勝利の為に奮闘してます。基本平和が好きであり、その為の努力が私の全ての答えです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター 2012.06.01
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。